生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

映画

成田山、うなぎ、ダンケルク

九月十六日、曇り後雨。 成田へ向かう。空港ではなく成田。 成田駅へ降り立つとお祭りムードが漂っており、門前町には山車や様々な催しが行われている。 昼食は川豊本店でうなぎを喰う。年々値上がりしているうえに絶滅危惧種になってしまったので食べること…

石田三成がモシャモシャしていない関ヶ原

九月三日、晴れ。 NEW GAME!を流しながらダラダラ過ごす。そういう日があってもいいじゃないか。 みょうがの卵とじ(柳川風)を作る。美味い。 おろしれんこんハンバーグを作る。改良の余地有り。 あまりダラダラしていても仕方あるめぇと『関ヶ原』のチケッ…

高級ブラックタイガー

九月二日、晴れ。 『ルパン三世VS複製人間』MX4Dを新宿で観る。この作品とMX4Dの相性が良かったかどうかは知らないが4Kでリマスターされた名作が観られることそのものは良いことなのではないでしょうか。だいぶワイルドでハードボイルドな方のルパンだし、三…

八月が終わる、夏が終わる

八月三十日、晴れのち曇り時々雨。 7時半の目覚ましで起床 、プロテインとトーストを流し込んで立川へ行き『ベイビー・ドライバー』を観る。 スコット・ピルグリムが(原作とゲームを含めて)好きなのでエドガー・ライト監督には期待していたし、期待通りの…

サーモンランとポケ戦とNegative Harmony

八月二十八日、晴れ。 イカ。サーモンランを駆け抜ける。チャージャー練習用アカウントを作る。 Amazonで予約していた『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』BD-boxが届いたので全話観る。若干彩度が上がっていて冒頭の北極基地に違和感を覚えたがフル…

そうかえん、TOWを外す

八月二十七日、晴れ。 そうかえんをストリーミングで観る。 New Game!のアニメを数話観る。ねねっちこんな声だったの。 Netflixでアメリカ版デスノートを観る。恋愛要素入れたり中途半端に後出しルール入れてきて完全にB級スリラーじゃん…… イカをする。レン…

引率をするの巻

八月二十六日、曇り。 野暮用で早稲田の諏訪神社へ。向かいに9sari productionがあるのがなんど見ても面白い。 その後たまこラブストーリーを観る。劇場で観た時は牧野かんなさんが高所恐怖症を克服するだけで他の人物に比べて成長が足りないのでは?と思っ…

ガンダムの日

六月十八日、雨。 起きる、腹が減る、買い出しへ行く。 豚の生姜焼きを作って食う。 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 第1話〜第3話を一気に観る。 シャアが本編よりよっぽど血も涙もない冷徹な男でこわい。 砂肝を捌いてネギ塩レモン砂肝炒めを作る。下味を…

作曲とは

六月十七日、晴れ。 三毛猫ホームレスのrecがあり、昼起きて飛び出して野方。 その後『伝説巨神イデオン 接触編/発動篇』を観る。こりゃたしかにエヴァだった。アーシュラの最期がひどい。

梅雨の始まり

六月九日、曇り。 今にも降りそうな不安定な曇り空。気温はそれほどでもないのだが、急に湿度が上がり不快指数が高い。 部屋と本棚の整理のため色々とにらめっこして駿河屋に見積もりを立てる。一つずつ見積もっていくと結構時間が経ってしまう。 市役所へ行…

デジタル掃除

六月三日、晴れ。 昼頃起きる。帳簿をつける。 帳簿をつけても、iPhoneのアプリを整理しても、iTunesが溜め込んだよくわからないキャッシュを消してSSDの容量を確保しても部屋は全く片付かないことが虚しい。 逆シャアを観る。見返す度にシャアの情けなさが…

シャキサクは世界を救う

五月二十八日、晴れ。 Netflixで『BLAME!』を観る。劇場で観たほうが良いのかもしれないと思いつつ。 原作の雰囲気をそのままやると誰も喋らないまま視聴者が置いてけぼりにされてしまうし、2時間でまとめるとしたら電基漁師の村を中心に描くのは妥当な落と…

メッセージ、君の金の麦

五月二十七日、晴れ。 新宿へ行き『メッセージ』を読む。原作『あなたの人生の物語』を途中まで読んでいる状態で映画を観て、その後読了したため混ざってゴタゴタになってしまったがどちらも良い作品だった。 映画はヘプタポッドの価値観(時間に対する感覚…

予告編含めると二時間半あったので目が疲れた

五月十四日、曇り。 深大寺まで出かけようと思っていたのだが、曇りなのでダラダラする。初夏の日差しの中で蕎麦が食べたかったんだ。 機動戦士ガンダムサンダーボルトを観たりしていたが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスを観に行くべきだ…

ハイラルから現実へ

四月八日、曇り。 世の中は実写版攻殻機動隊で騒いでいるが新宿まで繰り出して神山健治監督の「ひるね姫」を観る。 最大限風呂敷を広げた盛大な失敗作という感じであった。 ICカードを落としたり弱ったり色々している間に日は暮れてゆく。

羽根を伸ばすはずがゲンナリしてしまった

三月一日、曇り時々晴れ。 冬の日本晴れを見かけなくなり、どちらともつかないような曇り空が姿を現す。春の訪れと言えるのかもしれない。 その割に気温は寒いままで全く春らしさがないのだが。 いかんせん上映が終了してしまうスコセッシの『沈黙 -silence-…

ノーゾンビデー

一月八日、雨。 絶不調からのオールイベ出演でさすがに参る。寝て過ごす。 そのような状況になれば寝て過ごさざるを得まい。 肉のハナマサで巨大な牛ロースを買ってステーキにする。肉は良い。人間の心を取り戻してくれる。肉だけが味方だ。 『フライボーイ…

人工股関節のオッサンがどたばたカーチェイスをする映画、もしくはジャズ界の帝王の虚像

『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』を観てきた。 端的に言って最高。空白の5年間の真相なんて何もなかったんや。 78年のセッションテープ(いまでも公式ではアンリリースだ)を巡って何故かマイルス(ドン・チードル)がローリングストーン…

銀座という街と縁のない人生

十二月二十七日、雨のち曇。 10時頃起床、医者へ。 医者の後、銀座へ。 よし田で元祖(と言われている)コロッケそばを食う。 TOHOシネマズシャンテで『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』を観る。 銀ブラ。

脳、動いてくれ

十二月十九日、晴れ。 寝不足と軽い不眠が続いて四六時中眠く、昼寝で一日をダメにしがちな日が続く。 今日もまたそれであり、起きられない眠いが続いて昼をダメにする。 夕方から這い上がってDAWと向き合うが脳が働いていない感覚が確かにある。 観に行かな…

いい誕生日

十二月三日、晴れ。 29歳を迎える。渋谷へ『ブルーに生まれついて(原題: Born To Be Blue)』を観に行く。 イーサン・ホークの演技や歌は素晴らしく、まるでチェット・ベイカーが憑依したかのような様なのだが、脚本や音楽の描き方に対しては不満が残る。総…

生きているということはそれだけで美しく、また官能的である。

『この世界の片隅に』を観に行く。 2016年ベスト映画として『シン・ゴジラ』や『君の名は。』や『聲の形』を追い抜いてダントツトップに躍り出る。 テーマがテーマなので安っぽい反戦映画だったら唾を吐いてやろう、どれお手並み拝見ぐらいのつもりで観に行…

ヤクザと憲法は良い映画だったので、観られる人は観てほしい。

www.youtube.com 日本国憲法第十四条にはこう書かれている すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 ではヤクザはどうか。彼らは保育園に通う子供の授業参…

シン・ゴジラで岡本喜八の『肉弾』を観た話

シン・ゴジラがトリガーとなってヴェーバーを読んだわけなのだが、もう一つシン・ゴジラがきっかけとなった作品に岡本喜八監督の『肉弾』がある。 シン・ゴジラが岡本喜八監督の『日本の一番長い日』の影響を(特に字幕)強く受けている作品であることはマニ…

レストレポ前哨基地 Part.2

Part.1については以前書いた。 mochilon.hatenablog.com 共同監督の片割れであったティム・ヘザリントンの死後、残された相方セバスチャン・ユンガーが1作目で使われなかった素材を元に、より兵士たちの個人を掘り下げていった続編。 音楽の使い方が効果的に…

キングスマン

二度目だけど最高。 スーツを着たガチガチ英国紳士のコリン・ファースがアクションシーンを繰り広げるそれだけでもうカッコ良すぎるのに。 007ゴールドフィンガーなどを観てから3度目に挑戦する必要がある。 キングスマン(字幕版) posted with amazlet at 16…

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火

T-34/85を愛でる映画としては非常に貴重で素晴らしい作品なのではないだろうか。 撃破されたT-34、燃え盛るT-34、主人公たちが乗って大活躍するT-34。T-34フェチのための映画としか思えない。SU-152等も出て来る。鉄の塊がCGを使わずギャリギャリと動き、鉄…

ザ・フー:アメイジング・ジャーニー

2007年に公開されたThe Whoのドキュメンタリー映画 結成から現在のロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントの二人になるまでを時系列に追っている。 The Whoのいくつかの名盤やキース・ムーンの奇行、ジョン・エントウィッスルの腹上死などは知っていた…

レストレポ前哨基地 Part.1

去年から気になっていた作品。元々ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで放送されていたものらしい。 911以降のアフガニスタン紛争、対ターリバーンのために派兵された米軍。 2007〜2008年、アフガニスタン東部コレンガル渓谷に展開したコレンガル前哨…

ロック・ザ・カスバ!

恥ずかしながら『The Clash / Combat Rock』を真面目に聴いたことがなかったので同アルバムに収録されている『Rock The Casbah』も存じ上げていなかったのですが、その曲を題した映画です。 嘘ばかりの三文音楽マネージャー(ビル・マーレイ)がボーカリスト…