読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

札幌番外地

日記

十二月十一日、札幌は引き続き雪。

出演するために札幌のSound lab moleまでやって来たのですから、立派にライブをしてみせましょうということでライブをやってのけます。

東京都は客層が異なってリアクションが斬新であり楽しい。数を踏んでいないので断言はできないけれどやはり客層にも地方の特色が出ている気がする。

出演者からお客さんまで色んな人達が声をかけてくれてとてもありがたい気持ちに。ライブですべてを使い切ってヘロヘロしていたので自分から挨拶する余裕がありませんでした。

到着までが一つの壮大なストーリーなのではないかという流れを終え、イベントが無事終了。予約したと思っていたカプセルホテルが予約できていない。恐らく予約していてもチェックインしていなかったのでキャンセル扱いになっていただろう。

色々あって某氏の事務所に転がり込ませていただく。色んな音楽の話をしたり雑魚寝をさせていただく。大変助かりました。

13時過ぎに出て、改めてカプセルホテルへチェックインしようと思うが15時からなので微妙に時間が余る。いっそ北海道大学総合博物館へ行ってしまおうと思い切って移動する。

雪に埋もれた北大を移動し、博物館で黒田清隆の経歴などを読むが一向に頭に入ってこない。某バルクニーツがたまたま異常接近していたので合流し、流すように博物館を見る。昼飯を食べていなかったので羊ユッケが食べられるという士別バーベキューへ移動、炭火で温まり、今回の最大の目標であった羊ユッケの実績解除に成功する。ITこぼれ話なども聞いてなかなか楽しかった。

時計は17時を周り、途中ゲーセンに吸い込まれてチュウニズムなどをやりながらもホテル(サウナ)にチェックイン。あとはもう寝るだけだろうと思っていたらライトニングケーブルを紛失したことに気付く。

素数を数えた後、リュックをロッカーへしまって手ぶらでビックカメラへ向かう。雪の中を徒歩で向かうのも乙だろうと思っていたが往路でお腹いっぱいになって帰りは南北線を使用。ライトニングケーブルがないとiPhoneが文鎮となって飛行機もバスも電車も全てがわからなくなるところだった。

だらけたり風呂にはいったりして、おやすみなさい。