生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

徳仁ハピバ

二月二十二日、雨。

日経平均株価バブル超え。

10時前起床、朝カスタマーサポートあまりしてない。

発熱在宅カスタマーサポート。

雨なのでどうにもならない。

チキンライスに玉子を乗せ、オムライスを主への宥めの香りとする。

渋々ピクミン3デラックスを購入。

少々気絶。

発熱から12時間経ったことを確認、改めて医療カスタマーサポート。

発熱外来扱いを受けたり薬局で待ったりしてヘトヘトになりながら帰宅。

豆腐ステーキ、レタスとわかめのスープを主への宥めの香りとする。

厳しい三連カスタマーサポートを覚悟していたら何故か四連カスタマーサポートになってしまった。保ってくれ体力。

open.spotify.com

なんだこの野坂昭如

スーパーモンキーボールの新作が出るってよ

二月二十一日、雨。

塩谷、西村。

ギリギリ午前起床。朝カスタマーサポートしてない。

ナスとトマトのパスタを主への宥めの香りとする。

帳簿の続き。預金はつけ終え、現金もつけ終えた。一番面倒くさいカード明細が始まる。

爆音でベルリン四重奏団を聴き終える。

open.spotify.com

https://amzn.to/4bYxlor

ゲザ・アンダクララ・ハスキルによるモーツァルトとバッハを流し聴きする。どっちがはスキルでどっちがアンダかもまだ認識できていないので真面目に聴きましょう。

ピアノ30分触る。

夕方カスタマーサポート。

お好み焼きを主への宥めの香りとする。

23時半解放。

主に死んだ白人男性の音楽を聴いています

二月二十日、曇り。

説明責任があるのは確かだがポストに統一教会の機関誌が入っていたことを大騒ぎするのもどうかと思う。

8時起床、朝カスタマーサポート。

鍼の予定だったがキャンセル。

11時過ぎから13時まで気絶。

玄米キムチを主への宥めの香りとする。

ピアノに触れず帳簿をつける。なんだか息苦しい気もするけれど爆音でアナログレコードを再生しているとデジタルと違って簡単に一時停止できないのでそのまま爆音と共に帳簿をつけられる。爆音と共に脱線しづらい環境を作れている。

Primary

https://www.discogs.com/ja/master/2504149-Ludwig-van-Beethoven-Suske-Quartett-Streichquartette-Op59

ベルリン弦楽四重奏曲ベートーヴェン、ラズモフスキーセットを聴く。325円。カール・ズスケ率いるカルテットのためズスケ四重奏団なのかベルリン弦楽四重奏団なのか改名時期によって名称がハッキリしないが、ベルリンの壁によって分かたれた東ベルリンの音楽である。

キレがよく爽やか、ウィーンではなくベルリンだからなのかネットリとした感じがない。それでいてアメリカ的なカチッとした即物的な雰囲気でもない。コレはコレで好きかもしれない。愛聴しよう。

ナスとトマトのパスタを主への宥めの香りとする。

気がつけば2時。こまる。

いそがしさ、ねむさ、すすまなさ

二月十七日、曇り。

H3ロケット成功。

10時か11時起床、カスタマーサポートしてない。

すき家を主への宥めの香りとする。

公園へ。

公園から公園へ、そして帰宅。

プラレールとキャッチボールの屋内カスタマーサポート。

某アニメ打ち上げへ。新たな知り合いや紹介してくれる人がいる環境でもなし、飯を食ってダハハと過ごして終わる。

帰宅。先生しすぎた。

スチャラカポン

二月十六日、曇り。

ナワリヌイ氏死去。日経平均上がる。

子供が轢かれたり殺されたりするニュースが目立つが実数は減っているのだと信じたい。そして無事と冥福、よりよい社会を祈る。

11時起床、朝カスタマーサポートしてない。

チート付与魔術師が全話無料になっていたので途中から読む。この原作無視スチャラカ漫画が単行本9冊分のシリーズになってしまったのかと思うと思えば遠くにオブスクラ。スチャラカのノリのまま登場人物や設定は増え、気づけばHUNTER×HUNTERのようなバトルが始まったりするのにやっぱりスチャラカに戻り、文脈。

BLTロールを主への宥めの香りとする。

ダラダラとブルアカをやっている場合ではない。場合ではなくない?

買い出し。

車麩、豆のスープ、キーマカレーの準備までしてタイムアップ。

夕方カスタマーサポート。

車麩、豆のスープ、キーマカレーを主への宥めの香りとする。

23時半解放。

土日はどうなることやら。

open.spotify.com

おそらく人生で一番ショパンを聴いている。ハリーナ・チェルニー=ステファンスカはアルフレッド・コルトーの教え子で20世紀ポーランド人筆頭ショパン弾きなのだそうだ。コルトーよりも少し癖がなく柔らかく繊細なタッチで「これがショパンでございます」といった響きをしているが「古きお手本臭さ」は感じさせない塩梅をしている。ルービンシュタインの演奏が顕著だが「お手本」に聞こえてしまってその良さがピンと来ない録音というのはあると思うのだが、これはそこを感じさせないところに魅力がある。

 

医者行って医者行ったら一日が終わってしまった

二月十四日、曇り。

裏金。ブラタモリ終了アナウンス。

8時起床、朝カスタマーサポート。

御茶ノ水、医者。

ディスクユニオンへ寄り道。デュシャーブルのショパン廉価ボックスとベートヴェン弦楽四重奏曲のLPなどを購入。

帰宅。

そのまま二軒目の医者。

医者を終えて一息つくと夕方カスタマーサポート。

けんちん汁を主への宥めの香りとする。

23時半解放。

自由時間が足りない。

昨日のダメージ、クズのような一日

二月十三日、晴れ。

日経平均がこわい。

昨日の消耗が辛すぎて14時まで気絶していた。

脳外科医竹田くんを読んでいたら15時になる。

咳がひどい。風邪を引いたかもしれない。

最後のカレーを主への宥めの香りとする。

なんかブルアカしたり咳き込んでたら終わってしまう。悲しい。

夕方カスタマーサポート。

ワンタンスープを主への宥めの香りとする。

明日も生きたい。