生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

Eventide H910の型番はジョン・レノンが9月10日生まれであることに由来するそうです

五月二十四日、晴れ。

気温25度、暑い。

今日も11時ぐらいになんとなく起きたら荷物を受け取る。受け取ったような……受け取ってないわ。いや、受け取ったわ。

12時前に飛び起きてカブを買う。全財産カブにする。あつ森だが。

レトルトカレーを食べる。適当なメシばかり食ってると心が死んでくる。

メルカリで買ったラジオの電池を入れ替えたら無事稼働する。やたら受信状況の悪いサンソンを聞く。radikoなどでは味わえないこの変調がかかって音の悪い声や音楽と、それをダイヤルを回すことでザッピングできる装置としての部分に価値を感じる。いい音で聴きたければインターネット経由で良いのだから……

出先で腹が減るとつらいのでインスタントラーメンにもやしと卵を入れて食う。腹がパンパンになってつらくなる。

渋谷へ。先に髪を切る。シャンプー担当の人がオタクを隠さなくなってエプロンにバッジを大量につけているので一人だけ美容院のスタッフではなくアニメイトの店員になっている。ツイステを布教される。

髪を切り終えて渋谷LOUNGE NEOへ。閉店決定しているため無観客配信を毎日やっており、本日は出演者としてお呼ばれしたので無観客で少数スタッフのみのネオで最後のライブ。Twitchの向こう側には客が多数いるので顔でなく言葉でのレスポンスが見えるのが面白い。あとはカメラという明確な視線を向ける先があるのも普段とは違って面白い。こんな贅沢なことできるのも特殊な状況だからだろう。ラウンジネオがなくなってしまうこと自体はとても悲しいことだが、良い経験もできた。また新しい場所が生まれることを願う。

帰宅、個人事業主の給付金をやるか~となって手を付け始めるのだが、昨年度の確定申告の書類をどこにしまったかわからなくなって家中をドタバタする。確定申告が終わってからずっと放置されていたトートバッグの中に入っていたのだが、あまりにもずっと置かれていたので視界に入らない家具のような存在になっていた。人間の認知というものはこうも簡単に何かを見えなくしてしまうのか。

結局今年度の帳簿をつけて「今年は全然儲かってない月があります」と証明しなければならず、今年度の帳簿をつけるための材料が手元にないのでそこで中断。

中断した後、ちょっとイカをしようか、まずメシを食わねばとニラ玉を作って食べる。レトルトカレーや牛丼ばかり食べていたらどんどん精神が蝕まれていたのでこの判断は正解だった。ニラ玉を食べながらイカに後から参加。ボイスチャットでギャーギャーしながらイカをやると負けても楽しいのだということを学習する。人はコミュニケーションをする生き物。
3分だけリングフィットアドベンチャーやったら心拍数や汗がすごいことになる。今日はライブでも暴れたので3分でおしまいにします。

 

ジョージ・マーティンの自伝に「イーヴンタイド・タイムウォーキング・ハーモナイザー」という機材の話が出てきて「これは一体何だ?」と思い調べ始めたところ、恐らくEventide H910 Harmonizerのことなのではないかというところに辿り着く。Eventide H910が使われた象徴的な音楽とは……?となって『David Bowie / Low』に辿り着く。このドラム、スネアの「パゥン」という音がまさにソレらしい。Lowはブライアン・イーのがプロデュースしているから10代の頃に聴いたのだがその時は全くピンと来なかった。今回聴き直してみたが、やはりピンと来ない。イーノがアンビエント以外の音楽をやっていると大抵自分の完成にはピンと来ないのだが、イーノ本人ではなくイーノプロデュースでここまでピンと来ないとは……もう何年かしたら良いと思えるのだろうか。

イカをやるgomi

五月二十二日、曇り。

最悪の夜ふかしから11時頃、ズレた電波時計のアテ勘目覚ましで希少。午前中の荷物の受け取りに成功。

成功した後スプラトゥーン2の復刻フェスにうっかり参加。そのまま駆け抜けてメシも食わないゴミになる。

15時頃、家族がお祝いにやってくる。祝われているが迎え撃つのは一人である。

買ってきてもらった吉野家を一食目のメシとするgomiっぷりを発揮しながら家族と談笑。世の中の空気とはまた別に今一人ぼっちで過ごしていることがかなり自身に影響を及ぼしていると感じる昨日今日。

よせばいいのにその後もあつ森とシャケをやってしまい、もう今日は最悪。

いっそ早寝をしよう、それだけが救いだ。

明日にすべてを託す。明日にすべてを託しがち。

弾けないギターを弾く一生

五月二十二日、曇り。

空っぽの冷蔵庫を満たすための買い出しや、東京から離れて行っていなかった医者など様々な雑務が一斉に頭に飛び込んできて混乱する。一つずつこなす。

飯を作るのも面倒である。一人自炊ほど寂しいものはない。

そしてアコギの録音をするのだが、録音のために弦を張り替えたりマイキングを考えたり、録音の準備がまず大変。エレキギターならライン一本だからそこまで難しいことを考えなくて良いのだが……アコースティックな楽器はマイクも含めて楽器になるので楽しいとも言えるし手間がかかるとも言える。マイキングはてんで素人なのでちょっと困る。

アコギがまともに弾けるかと言われれば、まともには弾けない人間なので苦戦する。いつまでもまともなテイクが録れない。アクセントの強さ、アタックのタイミングや速さ、左手でのミュートによるグルーヴ、すべてバラバラになってしまう。俺はギタリストにはなれない。ギタリストになりたい人間をずっと続けている。

夜、リングフィットアドベンチャーをやって寝るはずが天チンの楽しいスプラトゥーンに参加してしまい、3時間ほど溶ける。溶かしてる場合じゃないんだよ。楽しかった。溶けて、結果的に夜明けになっている。困ったー。

それにしても時間指定の荷物を受け取りそびれたり、受け取るために自宅で待機している時間の居心地の悪さは一体何なんだろうか。非常に、非常に居心地が悪い。落ち着かない。今日は午前爆睡していたので夕方受け取れた。宅配便の人たちには毎回申し訳ないと思う。またあしたも午前に何かが届くかもしれない。何が届くのかもう把握してない。

Helltaker矢野

五月二十一日、曇り。

11時ぐらいに起きただろうか。出発前のツケ、帰宅後のツケ、一ヶ月半放置されて腐った食材、ポスト一杯の書類などと向き合っているとなかなか物事は進まない。

それだけではない。嫁の実家では家事を全て義母にまかせておくことができたが、この家では全て自分で行わなければならない。皿洗いのツケから始めて自分のメシとその片付けまでしなくてはならない。ついでに言うと出かける前に極力冷蔵庫の中身を減らしたので食材もない。

冷凍弁当と白米で茶を濁す。

CDを取り込み、アコギにマグネティックPUをつける。Gibson J160Eごっこがしたかったのでシングルコイルをつけてみたが、シングルはノイズが乗るので高級機種は全てハムバッカーだ。音は鳴った、あとは録りがどうなるか次第だ。

開けたダンボールも処分する。可燃ごみがあちらこちらから出てくる。

疲弊してきたところで遊びでギターを弾いて少し気力を取り戻す。

空腹に気づいて米を炊く。炊けるまでの間にHelltakerをちょっとやるか……と始めたところ、トロコンしたくなって結局3周近くプレイすることに。トロコンしてもプレイ時間が2時間にならないコンパクトさと面白さはなかなかすごい。無料で全要素揃えてしまってDLC不要だったのだがカンパしなければいけない気持ちになってきた。あとチョコレートパンケーキが食べたい。

夕食。Alaska Pikを試す。ウーン指が痛い。切ることで締め付けをゆるくして試したり。爪切りやヤスリで自分の理想的な形にするらしいが、不可逆で一個300円ぐらいするものをホイホイといじる気が起きない。怖い。使いこなせるだろうか。そもそも大きさはMサイズで合っているのだろうか。手は比較的デカいからL基準にすべきだったかもしれない。

夜ふかししそうだ。早く寝よう。

グールドのハイドンを聴きながら帰る

五月二十日、雨のち曇り。

家に帰る日。帰れるのか?

保健所?役所?から子に関する訪問があり、細かな相談や話をする。

昼食を食べて、眠気があるので気絶。夕方になる。

新幹線は終電が早い。夕方から荷物を詰め始める。さほど私物が多くなかった。ダンボール一箱で送り返せそうである。ただ、書籍が多いので重さはわからない。

新幹線に乗る。読書、集中力が切れたところでKindleで『異世界おじさん』『宙に参る』を読む。

宙に参るの肋骨凹介氏はコミティアの同人誌からファンだが、長編としてのプロットのうねりが加わって予想の5倍面白くなっており、私は相当食らっている。今までの同人誌にも見られたとんちSF的トーンでありながら、世界設定の作り込み方やストーリーテリング、が初の長編とは思えない。これはダントツでオススメです。

東京に帰宅。一ヶ月半、二ヶ月弱ぶり。

家がシッチャカメッチャカになっているが明日細かいことは考えて寝ます。

 

宙に参るは3話までトーチwebで読めるから読んでくれ。

http://to-ti.in/product/sora_ni

雨のお宮参り

五月十九日、雨。

子のお宮参りである。着物の正装にならなければいけない。雨である。絹は濡らしてはいけないらしい。8時に起きて大騒ぎである。着替えながら朦朧とし、着替え終えて家族を待ちながら朦朧とする。

無事お宮参りは終了し、14時半ぐらいにクタクタになって解放。昼食を食べた後気絶。昨日も深夜に子の面倒を見ていて寝不足である。起きたら夜。子にミルクをやる。

夕食、GRAPEVINEのライブ映像配信、風呂、一日が終わっている。

明日東京に帰る予定なのだがまだ荷物が何もまとまっていない。困った。

久しぶりにハードオフに行けて少しうれしい

五月十八日、晴れ。

子の一ヶ月検診のために外出。

病院には入れてもらえないので待ち時間にハードオフの覗く。FURMANの電源タップとTASCAMのカセットMTRをジャンクで購入。多分動くだろう。手元に12VのACアダプタがないので動作確認できず。FURMANも大本が3ピンなので変換端子を用意しないと家庭で使えない。どうして日本は家電やPCのプラグからあんなにアース線が出ているのにどこにもアースを付けられる電源がないのか。どうしてエアコンだけはついているのか。解せない。

帰宅、いい時間。のんびりするつもりが子の面倒を見たり。一日がすぐ終わる。

何かもっとできるはずなのだが。そして東京に帰る支度をしなければ。