生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

勤労、3枚目のマーリン

九月二十五日、晴れ。

勤労。暑い、やや寝不足。

偽金の本を読みながら朦朧とする。安かったから試しに買った調整豆乳1リットルがなかなか飲み干せなくて胃の重みが地獄を生む。

マーリン3枚目を引く。一生分の運を使い尽くしている気がするしFGOはこれで全クリということにします。

プリンセス・プリンシパル最終話、120億点。

サーモンラン。明日から修羅。

のんびりと寝る、日曜日らしい日曜、人権

九月二十四日、晴れ。

晴れ渡る空、筋トレの疲れ。

プリンセス・プリンシパルメイドインアビスを観て過ごす。

2枚目のマーリンを引く。

今日は一日穏やかな日曜日を過ごして、火曜からまた修羅に戻る。

ジャンクノートPCで楽しいエロゲライフできないのですがそれは

九月二十三日、曇り時々雨。

9時覚醒、二度寝したかもしれない。寝付きが悪かった割に寝覚めは良い。

10時半から筋トレ。3セットと有酸素運動30分をフルでこなす。前回から中三日。

帰宅シャワーで13時、一食目の食事にありつく。

劇場版WuG前編を観る。筋トレの疲れで集中力がなく、仕方なく布団で寝る。

図書館へ行って本を借りる。風呂に入る。

WuG後編を観る。飯を食う。サーモンランを行う。

午前中に筋トレを行うと充実感がある一方、疲労で動けなくなることもあり諸刃の剣であることを感じる一日であった。

雨音は疲れの調べ

九月二十二日、曇りのち雨。

勤労翌日は眼精疲労がひどい。あずきのチカラを借りて午前中休む。

13時からの弊社事務所で打ち合わせのために初台へ。要件を聞く。

雨が振り始めたので郵便局でおアサガオ化しない傘を購入、新宿へ繰り出しCOMIC ZIN波よ聞いてくれ4巻を購入、ユニクロでJ.W.Andersonコラボを試着して購入。

17時半頃帰りの電車に。帰宅後疲れて気絶。

起きて飯を食い、四日市からの無茶振りに応えて提出、寝る。

中村彰彦『幕末入門』

この中村彰彦『幕末入門』もまた、半藤一利『幕末史』と同じく講義録を編集して書籍化したものである。

だが後者が講談のように歴史探偵の推理を交えながら時に脱線話をしつつ、時代という大きな一本道を辿っていったのに対して、こちらの幕末入門は異なる。

会津藩新選組長州藩薩摩藩土佐藩、という五つの視点、そして暗殺や密勅の謎に迫る章の六つの構成から成る。

この本の中では簡潔ながら時間は五回巻き戻る。幕府側に近い会津藩から始まり、章を重ねるごとに話の糸が増えてゆき絡み合ってゆく。そこには語り手の一方的な反薩長史観、もしくは古き皇国史観は薄く、それぞれの立場から見た幕末が語られている。

296ページというコンパクトな内容にこれだけの立体的な視点を盛り込んで一冊の本としてまとめ上げられたもの、これこそがまさに「幕末入門」と呼ぶに相応しい本なのではないだろうか。

幕末入門 (中公文庫)
幕末入門 (中公文庫)
posted with amazlet at 17.09.21
中村 彰彦
中央公論新社
売り上げランキング: 11,404

胃は大切に、胃を大切に

九月二十一日、晴れ。

プロテインを飲みすぎると胃が弱り、胃が弱ると疲労が回復せず寝覚めが最悪になる。

勤労。中村彰彦『幕末入門』読了。

割りと散漫で何にも集中出来ないまま終わる。

帰宅、風呂で少しFGO、夕食、イカ。

今からマイク立てる気力はないので明日なんとかする。

作曲行為とは

九月二十日、曇り。

昨日の筋トレが疲労となって現れる。

十一時に駿河屋の荷物が届いて起きる。

行殺♡新選組FRESHをインストールして動作確認。

飯を食い、図書館から督促の来ているCDをflac化し、少し布団でボンヤリする。

行きそびれた医者へ行くため原付に乗る。帰り道にハードオフへ寄り、断線していたトラックボールの受光部と光学式マウスをジャンクで買う。ドンピシャでトラックボールが復活。図書館へも寄る。

買ってきたジャンクの動作確認をしつつCDをflacやmp3化しながらマーリンピックアップのFGOを久しぶりに起動してありったけの石を回す。FGOのインフラであり基本的人権であるマーリンを手に入れる。数ヶ月放置していたので素材が全く足りないのだが。

風呂に入り、飯を食い、イカをやる。明日は勤労。