生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

夏、海、1984年

七月十八日、快晴。

昨晩寝付きが悪く断腸亭日乗を読む。

起床即最低限の荷物を背負って蒲田へ。自動車で外房へ繰り出す。

ジャケ撮影に立ち会い、幇間兼ADのようなことをしながら海に浸かる。

なんだかんだで日光を浴びて体力を消耗。夕方解散から自宅へ帰宅。

疲れてボンヤリとした中、『1984』を観る。

オーウェル先生が描いた中でどこまでが本人の意図であるのか、また二重思考(doublethink)のより正確な感覚は何なのか、まだ消化しきれていない。だがやはり映像にされると二分間憎悪は圧巻であり、世界観やキャラクターのイメージに肉付けがされてゆく。冷戦時代に描かれたものであるが、今観るとまるで習近平政権のようだ。

1984 HDニューマスター版 [Blu-ray]
TCエンタテインメント (2018-01-12)
売り上げランキング: 26,282

万引き、サイコー!!

七月十七日、晴れ。

勤労。ステーキ弁当。

実家の忘れ物などを取りに戻る。図書館の返却を行う。

レイトショーで『万引き家族』を観て『スリー・ビルボード』に並ぶ衝撃を受ける。

セリフで語らせすぎず、表情や仕草との配分を黄金比でもあるかのように使い分ける。社会からこぼれ落ちた人たちが家族という幻想に振り回されて共同体を生み出し、いびつで違法な存在でありながら幸せを育む、限りなく生の貧困の姿に近いものをかけがえのない生活とも見えるよう映し出す。このバランス、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優、オーディションで選ばれた子役たちの怪演と風情を持ったカメラワークが積み重なって観客に揺さぶりをかけてくる。この生々しさは恐ろしい。

昨日のこと一昨日のこと、どんどん忘れて行く

七月十六日、晴れ。

昨晩イカ(タコ)のやりすぎで夜更かしをしてしまい起床が遅れる。

そのままズレた自律神経でなんとか過ごすとすぐ夕方、赤坂BLITZで行われる虹コンの5年目突入イベントへ。

LinQ、寺嶋由芙、A応Pでんぱ組.incフィロソフィーのダンス虹のコンキスタドール

最後の大団円にはくるものがある。

肉のハナマサに寄ってステーキ肉を買い、帰宅して盛大に調理。なんとか活力を取り戻す。

やっとのことでオクトエキスパンションの裏ボス、心のなかの3号を倒して現実に戻る。やっと枕を高くして眠れる。

ずっと前からダメでした。

七月十二日、晴れ。

昨日ワチャワチャと二日分稼働したので体力が切れて昼過ぎまで寝てしまう。

FGOイベント周回というこの世で二番目位に不毛な行いで昼から夕方を過ごし、ドブに捨てる。

明るい農村計画Tシャツ再販のための発注作業を行う。オーダーシートの仕様の理解などに苦しんで苦戦。

数日前作った何か足りないカレーにズッキーニと鶏胸肉とオリゴ糖を入れる。オリゴ糖によって味に膨らみが出て(味のディケイが出る)グッと良くなる。料理における甘みというものに対して今まで無頓着だったのでこのあたりは課題である。

『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』を観たり、無印の収納を組み立てたりする。思っていたより悪くない、ベタベタの王道というのはそれだけで強いのだと思わされる映画だった。流し見するのにちょうどいい。

ところでスカルガールズモバイルのサービスが始まったらしい。私の可処分時間、どうなっちゃうの~。

しまムーら

七月十一日、晴れ。

しまムーらを買いにいく。

そのまま原付で祖母へ会いに行く。

帰宅後実家の荷詰め、二箱郵送後帰る。

カレー求道者

七月九日、晴れ。

疲れのせいか手足がムズムズして止まない。

日中を寝て過ごす。

夕方よりカレー求道者としてクミンシードを炒める。