生きるからにはそれなりに

mochilonという人のブログ

そろそろ冬眠したい

十一月二十日、曇り。

完全にやる気が抜けて腑抜け。

寒くて動けない。

ベルファスト '71』を観る。北アイルランド紛争をテーマにした戦争映画かと思わせつつ、舞台設定がアイルランドなだけで内容は非常に良く出来たサバイバルスリラー。翌年1972年に血の日曜日事件が起きるわけですなぁ。

寒くて筋トレにも行けなかったのが不甲斐ない。

邦題はティンカーテイラーソルジャースパイじゃダメなのかよ

十一月十九日、晴れのち曇り。

キングスマンを観てから気になっており、プリンセス・プリンシパルを観てから更に気になっていた『裏切りのサーカス』を観る。

ちょっとよそ見をしながらテレビやPCで観ていいような映画ではなかった。集中できる環境でもう一度観たい。

豚バラ鍋を作る。鹿児島で買ってきた干し椎茸が美味い。

半分観ていた『デジタルスーパースター列伝』を観る。世界の広さを感じる。

今日は一日ブレードランナー

十一月十八日、雨のち曇り。

正午前に起きる。寒くて曇りがちで活動が鈍る。

ブレードランナー ファイナル・カット』を観る。2049の予習のために。

雨の新宿歌舞伎町で『ブレードランナー 2049』を観る。

『メッセージ』を撮ったドゥニ・ヴィルヌーヴらしい秩序ある整然とした構造のブレードランナーであり、これなら誰も文句がないだろうというとても優等生的な出来栄え。実際ここまでキチンと大作の続編を仕上げるのは素晴らしい。

その後酒を飲みながら『Banking of Bitcoin』を観る。Bitcoinが生まれるまでと、黎明期について細かく知ることができる良い映画だった。

偽電気ブランではなく日本酒を少々

十一月十七日、曇り。

気持ちがレイムになっている、昨日さけを飲んで寝覚めが悪い。13時起床。

ダラダラと過ごす。ダラダラと慣れない会社四季報を開く。

目が疲れてしまい、寝る。

体力が落ちているとはいえ風邪本体は治ったのだしもう少しマシな活動をすれば良かったかなと思いながら、寝た分元気になったというのもまた確かではある。

何とも言えないがとりあえず早く体力を取り戻していきたい。

妹がDVDを借りてきて『夜は短し歩けよ乙女』を上映するのでつられて観る。星野源にあの阿良々木暦的早口台詞をやらせることに少し違和感はあったが湯浅政明ワールドがすべてを飲み込んでゆくので最終的にいい作品。

相対的にカイバやピンポンの株が上がっていくのもまた確かではある。

風邪が治りきらないのはしんどい

十一月十六日、晴れのち曇り。

正午覚醒、どうにも風邪が完治しない。

『誰が音楽をタダにした?』を読了。

NISAのためにマイナンバーの表裏をコピーしようとしたらプリンターのインクが切れていたりとドッタンバッタン大騒ぎ。

図書館から返却の催促が来ていた本とCDたちを返却する。

風邪で体力の低まりを感じる。まだ地味にしんどい。

金転がしはソシャゲより面白い

八月十五日、晴れ。

蘇る勤労。

『誰が音楽をタダにした』を読み進める。mp3による海賊盤の浸透、シリコンオーディオプレイヤーの誕生、リル・ウェインやJay-Zの台頭などがすべてリンクしてきて非常に面白い。

タイムイズマネ太朗

十一月十四日、雨。

一旦自由の身分になった解放感、しかし病み上がりの体調。

とりあえずやりたかった読書行為を進める。外に出て買い物などは天気と体調で断念する。

部屋の掃除や作曲もしなければならないのだが、あまり布団から出たくなかったので先送り。

というかいつまで風邪をひきずっているのか、ひきずらなければならないのか。俺の免疫はどこへ消えたのか。